「手」について

0

    先日の手袋の記事にたくさんの反響を頂きまして、驚きと感謝を感じています。
    この機会ですので飴細工師の「手」についてお話させてください。

    飴細工師の手は綺麗でなくてはならない。

    ...

    幾度となく手を洗い、80℃の熱い飴を触り続ける手は、すぐにボロボロになってきます。
    使い込んでいる指先の皮膚が固くなってくるのです。
    よく足の踵が固くなり、カサカサしてくる。そんな感じです。
    もちろん触覚が鈍りますので、作りづらくもなります。

    手は毎日のようにケアをしています。自分の手に合うハンドクリームは必需品です。
    そんな時の私流のケアは、手の皮膚をふやかして、軽石でゴリゴリ削り、ハンドクリームをします。あまりにもひどい状態の場合は、その後コットンの手袋して寝たりも。
    ささくれも無くなり、おかげで綺麗な手になりました(笑)

    特に冬は何度も手を洗う事と乾燥により、皮膚が荒れます。仕事終わりに皆でハンドクリームを塗りたくってから帰ってます。

    あとは、怪我ですね。手に擦り傷や切り傷を作ってはいけません。なるべく手を怪我するようなことは避けてきました。もちろんそんな時は今までも手袋してやることはありました。

    手袋付ける→作りづらい。では、いつも手袋を付ける→慣れる。手袋無しの場合でも普通にできる。と、いう感じだと思います。

    そんな事も、今回の手袋の件を決断した要因に入っています。

    もしも飴細工を仕事にしたい、でも手の皮膚が弱くて飴細工が出来ない。このようなことも解消できるとも思います。
    そのような角度からも「多くの方々に飴細工を受け入れてもらうように」という思いが入っています。

    これを期に手袋をして実演をする飴細工師が増えるのも、良い事ではないかと。

    長々とお話してしまいましたが、暖かくお見守り頂けましたら幸いです。

    吉原


    コメント
    お久しぶりです!

    先程テレビを拝見しましてこの時間ながらもテンション抑えきれずコメントしております( ´ω` )

    私も職業柄手はお客様に見られるのでハンドケアは気にするようにしています。

    手袋の件は私は素手の方が【職人】という感じがして良いのですが…
    色々とあるのもよくわかります。


    今度お店に遊びに行かせていただきます♬
    • tobita
    • 2015/05/25 1:34 AM
    tobitaさん
    お久しぶりですー!お元気でしょうか?
    テレビご覧頂いたのですね、ありがとうございます。
    難しい判断でしたが、これから先に向けて進んでいきたいと思っています。いつでもお待ちしていますよ!
    • あめ細工吉原 吉原
    • 2015/05/26 12:27 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    profile

    書いた記事数:445 最後に更新した日:2017/08/06

    links

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM